栄養価の高いベリー

日本でも広まってくると考えられます。

ボイセンベリーは、甘酸っぱくさわやかな味わいのベリーです。3種類のベリーを交配して、生まれた品種です。アメリカのカリフォルニア州のルドルフボイセンが栽培に成功したことから、この名前が付けられました。現在の主産地は、ニュージーランドのネルソン地域です。 ボイセンベリーは欧米では広く知られ、料理などによく使われていますが、日本ではまだあまり認知されていない果実です。日本での栽培は始まったばかりですが、これからは注目される食品になると考えられます。 なぜならボイセンベリーには様々な嬉しい効果があるからです。例えばエラグ酸やアントシアニンなどのポリフェノール、ビタミンA・Cなどが豊富に含まれ、美容にも健康にも良い影響を与えてくれます。

実を摘んだ後は傷み易いので注意が必要です。

ボイセンベリーは、家庭菜園でも比較的簡単に栽培することが可能です。部分的にトゲが出ている場合があるので、手入れの際には刺さないように気をつけることが必要です。真夏以外は植え付けすることができ、1年後の6月に収穫となります。 実がなったら、摘んですぐ食べられます。摘んだ後は傷み易いので、すぐに食べるか調理するということも注意点です。 原産地のニュージーランドでも、生の果実はなかなか手に入らず、収穫後すぐに加工して、ジャムや飲料として販売されていることが多いです。 ボイセンベリーは、サプリメントとしても利用されてきています。美白美肌効果や貧血予防、アンチエイジング、視機能の改善など多くの効果をもたらしてくれます。